40]



会員制で監視カメラ付き 違法賭博店2店舗を摘発

 新宿区の雑居ビルでカジノ賭博店とパチンコ賭博店が摘発され、経営者の男ら4人が逮捕されました。

 新宿区歌舞伎町のパチンコ賭博店「ソーキソバ」の経営者・笈田悟容疑者(45)ら2人と、カジノ賭博店「ペアペア」の経営者・坂本政彦容疑者(59)ら2人は、違法なパチスロ機50台を設置して客に賭博をさせた疑いなどで現行犯逮捕されました。警視庁によりますと、2つの店舗は同じ雑居ビルの中にあり、取り締まり対策としてモニター付きの監視カメラを設置し、会員しか入れないよう出入り口は常に施錠していました。笈田容疑者らは容疑を認めています。警視庁は、押収した帳簿や顧客名簿を調べ、2つの店の経営に暴力団が関わっていないかなど捜査しています。




40]

26]

46]

04]

14]

44]

52]

03]

14]

26]

34]

42]

引用元:http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000125046.html

ビル屋上に建てたプレハブで賭博を行っていた模様

 東京・新宿区歌舞伎町のビルで違法カジノ店が一斉に摘発された。

 警視庁によると、違法カジノ店「ペアペア」の自称・経営者、坂本政彦容疑者ら2人は、歌舞伎町のビルの屋上に建てたプレハブにバカラ台2台を設置して客にバカラ賭博をさせたとして逮捕された。

 また、警視庁は同じビルの4階に入っている違法パチスロ店も摘発し、自称・経営者の笈田悟容疑者と従業員の男を逮捕すると共に2つの店の客5人についても逮捕した。

 2つの店は入り口の鉄の扉を常に施錠していて、モニターで客の顔や会員登録を確認してから鍵を開けることで摘発を逃れていたという。


SnapCrab_NoName_2018-4-13_14-39-49_No-00

SnapCrab_NoName_2018-4-13_14-40-31_No-00

SnapCrab_NoName_2018-4-13_14-41-5_No-00

SnapCrab_NoName_2018-4-13_14-41-33_No-00

SnapCrab_NoName_2018-4-13_14-42-7_No-00

SnapCrab_NoName_2018-4-13_14-42-35_No-00

SnapCrab_NoName_2018-4-13_14-42-56_No-00

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20180413-00000031-nnn-soci



ドナドナされていく沖ドキ(´・ω・`)
ビルの屋上のプレハブとか怪しさ凄いな…
 【オススメ記事集】